ゼンハイザーはゲーム用にも最適

PCゲーマーでは1つは持っているであろうヘッドセット。オンラインゲームではスカイプなどで仲間と会話しながら連携プレイの質を上げたり、会話を楽しみながらゲームをプレイするスタイルが当たり前になってきています。私もヘッドセット所有者です。ゲームをするなら持っていて損はないアイテムの1つです。

また、FPSではヘッドセットの品質は上達にも繋がるとも言われている重要アイテムでもあります。品質がよければそのぶん、敵の足音がよく聞こえるのですぐに行動に移せるのです。FPSゲーマーの愛用者が多くおすすめなのがSennheiser Communications(ゼンハイザーコミュニケーションズ)製のヘッドセットです。

ゼンハイザーの中でも高級ヘッドセットである「G4ME ZERO」「G4ME ONE」は、FPSの腕を上達させたいというプレイヤーにおすすめのヘッドセットです。G4ME ZEROは連帯性を重視した密閉型の大会向け仕様。G4ME ONEは開放型のホームユース向けのヘッドセットになっています。

ゼンハイザー製ヘッドセットはプロにも人気!

プロ用やホームオーディオ用市場で絶大な人気を誇る、老舗メーカー「ゼンハイザー」。音質以外にもマイクの品質もいいと評判なんです。ゲームにマイクの品質なんて必要あるの?と思うかもしれませんが、相手に声が聞こえやすければよりコミュニケーションが取りやすくなります。

ゼンハイザーならではの楕円形のエンクロージャを採用しています。イヤーパッドの素材はG4ME ZEROが合皮、G4ME ONEが密度の高い布製でできており、耳をすっぽりと包んでくれます。大きな耳ではない限り、イヤーパッドに耳が当たることがなく長時間装着していても快適なつくりになっています。

オンラインゲームでも出力音質の実力

一番のポイントである音質。iTunesでの音楽視聴やCoD4やBF4などの人気FPSタイトルでの音質はどういった感じなのか?調べてみました。

■G4ME ZERO
音楽視聴では、2kHz~4kHz付近のプレゼンスという聞きやすさと不快感を感じる帯域では、低音・高音ともにスムーズで心地よく聞くことができます。密閉型ヘッドホン特有の音が耳に張り付くように聞こえるとう事もなく、適度に離れた場所から音が聞こえるため、長時間ゲーム音を聞いていても疲れない仕様になっています。これはヘビーユーザーには嬉しい設計ですね。

CoD4では、高域を意図的に調整することができないため、銃声が目立って耳につきやすくなってしまいます。音の誇張がないため、迫力は軽減してしまいますが、正確な音の聞き取りには適していると言えます。

重低域が主体のBF4では、低音までバランスよく聞くことができるため、低すぎて聞き取りにくいということはありません。しかし、CoD4と同様に銃声などはクリアに聞こえるので耳につきやすく感じるかもしれません。

■G4ME ONE

音漏れするタイプの開放型仕様のG4ME ONEは、低音重視のゲーマー向けヘッドセットになっています。Sennheiser製品らしい音ともいえる、低音と高音の音の流れがスムーズなため、CoD4やBF4などでは迫力が物足りなく感じる人もいるかもしれません。

低強高弱で、ステレオ再生時もはっきりしているのに音量を上げても銃声がうるさく感じない仕様になっています。もちろんゲームPCにサウンドカードを搭載すればまた違った音質になります。

同じゲーマー向けのヘッドセットでも、聞こえ方は全然違います。タイトな低音が好みの人は「G4ME ZERO」、迫力のある重低音が好みの人は「G4ME ONE」を選べばまず間違いないです。FPSをより極めたいという人はヘッドセットのグレードアップをおすすめします。